鷺山校区コミュニティ情報サイト

安否確認・被災状況調査票を公開しました

2019.07.18(木)

令和元年10月27日(日)に開催予定の鷺山校区自主防災隊 防災訓練では、大地震等規模の大きな災害が発生した際に、単位自治会において自治会員の安否を確認し、その情報を鷺山全体で統括し、救助等支援が必要な地域の把握、救助要請等の情報を把握することを目的に実施いたします。

そこで、鷺山校区自主防災隊では、単位自治会で班(組)毎に自治会員の安否の確認を速やかに進めるために『安否確認・被災状況調査票』を作成しました。

こちらの調査票では、単位自治会で選任された『防災隊員』が『安否確認・被災状況調査票』を使用して、『自治会員の安否確認』『けがの状況』『家屋の被災状況(半壊・全壊等)』等の確認を行います。調査票で確認された安否情報は、単位自治会で選任された『班長(自治会長等発災時に単位自治会のとりまとめを行う人)』や『統括情報(単位自治会と自主防災隊本部との情報伝達を行う人)』でとりまとめて、『自主防災隊本部』に安否情報を報告することになっています。

この安否情報の第一報は、地震等大きな災害が発生してから3時間以内にとりまとめることを目標に行います。

そこで、防災訓練や発災時に安否確認・被災状況調査票のデータを活用される方は、以下よりダウンロードしてご活用ください。

◆PDFデータの安否確認・被災状況調査票は以下からダウンロードしてください。◆

◆Excelデータの安否確認・被災状況調査票は以下からダウンロードしてください。◆