鷺山校区コミュニティ情報サイト

おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に遊んだよ!さぎっ子くらぶ

2018.09.23(日)

平成30年9月13日(木)に鷺山子ども館にて、さぎっ子くらぶ瓦解際され、鷺山校区老人クラブ連合会の皆さんと一緒に遊びました。

この日は、13名のおじいちゃん、おばあちゃんと10組の親子が参加され、まずはじめに手遊びから始めました。
子ども達はいつも歌っている歌なのですが、老人クラブ連合会のおじいちゃんやおばあちゃんにとっては、懐かしい歌もあれば、この日に初めて聴く歌もあって戸惑いもあったかと思います。そんな中でも、一緒になって楽しく手遊びを楽しみました。

手遊びの後には、紙コップロケット作りに挑戦です。2個の紙コップを使いますが、細工がちょっと難しい方をおじいちゃん、おばあちゃんに作ってもらい、子ども達は飾り付けをしていきました。そして出来上がったところで素敵なロケットで一緒に遊びました。何度も何度も遊んでいる子を見ていると、老人クラブ連合会の皆さんも自然と笑みがこぼれてきました。


その後、日光児童センターからお借りした道具で玉入れをしました。子ども達は投げるよりも片付けるといった感じでしたが、おじいちゃんやおばあちゃんの投げ入れる姿を見てばいきんまんやホラーマンの口めがけて投げ入れる子もいました。

片付けも赤と黄色の玉を、同じ色のかごに片付けられるように、おじいちゃんやおばあちゃんに声掛けをしてもらい、賑やかにすごしました。
玉入れの後には、恒例のパラバルーンです。おじいちゃんやおばあちゃんが膨らましてくれたパラバルーンの中を通ってみたり、山になったパラバルーンの中に隠れてみたりして、元気いっぱい遊びました。

最後は、老人クラブ連合会のおじいちゃん、おばあちゃんに遊んでくれたお礼として、ティッシュケースを作りメッセージを添えて渡しました。

交流会の初めは、子ども達とおじいちゃん、おばあちゃんとの間に距離があるものの、手遊びや工作などの遊びを通して、徐々にその距離が縮まり、最後にはすっかり慣れ親しんだ雰囲気になっていました。

さぎっ子くらぶでは、年に1回は、鷺山校区老人クラブ連合会の皆さんとこの様に交流を行っていますが、いつでも気楽に覗いていただければと思います。
次回は、平成30年10月11日(木)に鷺山子ども館にて、日光児童センターの先生と一緒に遊びます。