鷺山校区コミュニティ情報サイト

鷺山公民館講座 生きることは食べること みそまるづくり体験会 開催

2018.07.30(月)

平成30年7月28日(土)鷺山公民館にて、鷺山公民館講座 みそ丸づくり体験会が開催されました。

講師に、『弁当の日』応援団・ぎふの岩間 尚子(よしこ)さんをお招きし、みそまるづくりを教えてもらいました。

朝食を食べることによって、一日の生活のリズムが整えられます。昔から、早寝・早起き・朝ご飯が大切だと言われますが、その朝ご飯の手助けになるみそまるづくりはなかなか奥が深い物です。

材料は、お味噌にだし粉、わかめや切り干し大根、長ネギやお麩など身近な乾物を使っていきます。

まずはじめに、みそとだし粉を混ぜ合わせてみそまるのベースを作っていきました。ボウルの中で均等に混ざるようにスプーンで丁寧に混ぜていきました。

その後、好みの乾物をベースのみそに混ぜ合わせて、みそまるの素が完成です。

スプーンでみそ汁1杯分の分量をラップの上に取り分けて、キレイに丸めていきます。丸めてみそまるの周りにとろろ昆布を巻き付けてコーティングをしていったり、お麩のアクセントをつけていくのもOKです。

かわいらしくたくさんのみそまるが出来ていきました。そのうち、一つを選んで、できたてホヤホヤのみそまるを試食していきました。

みそが溶けていく中で、みそまるに混ぜ込んだ乾物がお椀の中に次々と浮かび上がってくるのが、なかなか素敵な光景でした。

日頃から慣れ親しんでいるお味噌汁も、手間をかけずに作れますね。みそまるは、作った後に、冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヶ月程度は保存ができます。

乾物を色々バリエーションを変えていけば、色々なみそまるが楽しめます。各家庭でもお楽しみください。