鷺山校区コミュニティ情報サイト

地域の大人が講師になって!ふるさとふれあい活動

2017.11.25(土)

平成29年11月11日(土)に鷺山にお住まいの大人の方を講師に迎えて、鷺山青少年育成会主催で、ふるさとふれあい活動が開催されました。

各学年で学習するテーマが決まっており、それぞれに鷺山にお住まいの大人の方々がレクチャーをしながら、体験型学習が進められました。

1、2年生は、昔の遊び体験として、かるたやおはじき、お手玉、コマ回し、折り紙など、昔懐かしい遊びを体験していきました。日頃、触れることがない遊び道具に夢中になって、色々な遊びを体験していきました。

3年生は、鷺山に生えているモウソウチクを使った、竹箸の削り出し体験です。不慣れな小刀を使いながら、箸のカタチに整えるために、箸の材料である割られた竹材を削っていきました。中には小刀の使い方が不慣れで、ヒヤヒヤする手つきも見られました。

4年生は、雨のため中止になった里山整備活動に変わって、鷺山の恵みを使ったクラフトづくり体験です。枝や木のみをグルーガンを使って、創意工夫を凝らしたクラフトづくりに挑戦しました。

5年生は、高齢者の皆さんの生活を疑似体験する取り組みに挑戦です。手足が不自由になったり、視界が悪くなった状態で日常生活をおくる大変さを実感してもらいました。

6年生は、平和学習の一環として、戦争時の体験について講話をして頂きました。いつの時代も平和の大切さを理解するためにも、実際にあった戦争でどのような事が起きていたのか、体験された高齢者の皆さんからお話をして頂きました。

毎年積み重ねている「ふるさとふれあい活動」を通した体験活動が、鷺山小学校児童を少しずつ成長させていってくれることでしょう!