鷺山校区コミュニティ情報サイト

平成27年度 交通法令講習会 開催

2015.11.30(月)

平成27年11月27日(金)に鷺山公民館にて、平成27年度交通法令講習会が開催されました。

IMG_6248_R

この日の講習は、岐阜北警察署 交通課 交通総務係長の吉田警部補をお招きして、平成27年度の岐阜北警察署管内での交通事故の状況や、平成27年6月1日に施行された改正道路交通法について説明を頂きました。

危険行為を繰り返すと、「自転車運転者講習」の受講が義務に_R

IMG_6274_R

特に重要なポイントとして「自転車と関わる事故」に注意することを説明して頂きました。

今年は、自動車対自転車の事故が多発しています。その中でも、「歩道を走っている自転車と交差点に進入する自動車の事故」に注意を呼びかけておられました。

IMG_6286_R
自動車を運転しているドライバーにとって、歩道を走っている自転車が如何に見落とす危険因子がたくさんあるのか、一つ一つホワイトボードを使って説明を頂きました。

IMG_6266_R

実際のドライブレコーダーの映像や、スタントマンの方が演じた実際の事故の様子の再現映像を確認しながら、自転車との事故について注意点を確認していきました。

もう一つのポイントとして、高齢者との事故があげられました。

昨年は、交通死亡事故が7件発生し、8名の尊い命が亡くなりました。

そのうち、5件が歩行者との事故で、16時~18時の薄暮の時間(魔の時間)で発生し、すべてが高齢者が被害者となっています。

対向車のヘッドライトによる蒸発現象によって、道路横断中の歩行者がドライバーから見えなくなって事故が発生する事案もあります。

高齢者の方も自分自身の歩く速度を過信して、渡りきるのに必要な時間と走行する自動車が接近するまでの時間を見誤ることもあります。

ドライバーの方は、自転車と高齢者に関わる事故を起こさないためにもよりいっそうの注意が必要です。
歩行者、自転車の方も、夕方以降の外出では、事故に遭わないためにも、夜光たすきや反射材を身につける習慣をつけていきましょう!