鷺山校区コミュニティ情報サイト

鷺山校区老人クラブ連合会

老人クラブは日本が戦後の混乱から立ち直り経済の高度成長に向かおうとしてた昭和38年、家族制度も変化する状況の中、21世紀の高齢社会において地域の高齢者が、生き甲斐と健康づくりのために、老人クラブの仲間づくりを基礎に相互に支え合い、楽しいクラブづくり、社会貢献するクラブづくりを目指して全国組織として誕生しました。

鷺山老人クラブ連合会も、県老連、市老連の下部組織として同時期に4単位クラブ、259名の会員で水野登氏を初代会長としてスタートしました。この間、最盛期には16単位クラブ942名を数えましたが、残念ながら近年は減少傾向にあり平成29年4月1日現在9単位クラブ、会員数518名の会員数となっています。

全国的にも会員が減少傾向にあり平成26年度から5カ年計画で盛年部を立ち上げ、60歳、70歳代の会員を中心に全国で100万人の会員増を目指します。

地域の自治会連合会、社会福祉協議会、その他各種団体等からのご理解、ご支援もあり年間1,000円程度の会費で友達づくり、ペタンク、グラウンドゴルフ等の健康増進活動、清掃活動の奉仕活動、無理のない高齢者向けの老人旅行等々健康寿命を伸ばし楽しく充実した老後の実現のため、現役を退かれた方で上記の目的を適えてみようと興味をお持ちになられましたら、この機会に是非ご入会ください。

60歳から入会可能です。

また、現在女性の単位会長さんが3名活躍されています。平均60名弱の単位クラブを貴女も率いて地域高齢者のために貢献されませんか!!

◆年間の主な行事◆

・高齢者体育大会(運動会)

・老人クラブ「奉仕の日」 清掃活動年間2回

・ペタンク大会(校区、ブロック、市)

・老人大会(校区)

・老人旅行(有料にて希望者のみ 年間数回予定)

・独居、寝たきりの高齢者訪問

・保育所園児、小学校児童との交流

・コーラス

・絵手紙教室

老人クラブは、昭和38年に制定された老人福祉法に位置づけがされています。また、老人クラブの組織、事業内容等は、厚生労働省が策定した「老人クラブ活動等事業実施要領」の中で示されています。

入会を希望する方は、以下のチラシをご覧ください。

団体連絡先

会長 清水 隆(若水会)
事務局住所 岐阜市鷺山1769-2(若水北自治会)
事務局TEL 058-231-4381
副会長 霜田 英二(鷺山第一長寿会)
会計 高森 俊一(南正木長寿会)
監事 井島由美惠(清洲第二長寿会)、小野欽也(下土居長寿会)
盛年部シニア委員 霜田 英二(鷺山第一長寿会)
友愛部地区代表 須賀 命(下土居長寿会)