鷺山校区コミュニティ情報サイト

岐阜市社会福祉協議会鷺山支部

岐阜市社会福祉協議会は略して「社協」と呼ばれています。社協は、社会福祉法で『地域福祉の推進を図る団体』と位置づけられ、すべての都道府県、市町村に設置されている全国組織の民間団体です。

少子・高齢化に伴い、核家族が増加するなか、家族内の見守り機能の低下や地域連帯感の希薄化、コミュニティの脆弱化が叫ばれ、地域においては、虐待、消費者被害、ひきこもり、孤独死など生活課題が深刻化しています。

このような状況のもと、平成26年度に岐阜市と一体的に策定した「岐阜市地域福祉推進計画」に基づき、社協支部を中心とした住民参加、協働による地域での支え合いや災害時・緊急時の支援にかかる事業を中心に推進しながら、福祉コミュニティの形成を図っています。

【重点事業】

①福祉委員の設置・活動の推進

福祉委員を設置し、地域の福祉問題の発見や福祉情報の伝達を容易に行うために、活動を推進します。

清洲1_R

②「赤いミニチュアポスト」を利用した個人情報の自己管理の推進

「赤いミニチュアポスト」を利用した個人情報の自己管理を推進し、災害時や日常の緊急時に強い地域づくりを目指します。

IMG_0775_R

③「支え合いマップづくり」による地域の話し合いの場づくりと「見守り活動」の実戦

マップを作成する過程に様々な人が参画することによって、自分たちの地域を知る有効な手段とし、地域の問題・課題を共有し、問題解決のための方策を話し合います。そして”さりげない『日常の見守り活動』”につなげます。

DSCF7859_R正木1_R清洲4_RDSCF7810_RDSCF7805_R

団体連絡先

支部長 乾 尚美
主事 後藤 竹司